ブログ

  1. やまゆり園事件のあと、外出が怖くなりました 前編

    相模原事件のあと、車いすを使っている自分のことを、みんなもじつは厄介者と見ているんじゃないか、という疑念がとれなくなりました。外出は好きなほうでしたが、街に出るのもこわくなりました。これまでそんなふうに感じたことがなかったので、どうすればよいのかわかりません。

    続きを読む
  2. 「子どもができること」少女のための性の話

    科学で説明できることこの連載、「奇跡のプロセス」でも書いたことがありますけれど、何が奇跡、と言って、人間が人間をつくる、ということ以上に驚くべき出来事はありません。他の動物や、あるいは植物も同じですけれど、自分と同じ生物を子孫として残すことができます。人間もそうなのです。

    続きを読む
  3. 障がいがあっても前向きに生きていくには?

    どうすれば障害を気にせず積極的な女性になれますか? 人を巻き込むには、自分に何が必要ですか?(いくこ&さき・31歳・フリーター)自分の涙が最高の友だちですご質問をふたついただきました。

    続きを読む
  4. 家族への不満を言うのはだめですか?

    家族への愚痴をこぼすと、周りの人によくたしなめられます。「あの人は一生懸命あなたのことを思っているのに」と逆に責められます。

    続きを読む
  5. 「ふれること」少女のための性の話

    ヒトの肌人間の肌には毛皮がありません。すべすべしています。つるつるしています。動物の進化、ということについてあなたは理科や生物の科目で勉強してきたと思う。哺乳動物として地上で進化してきた生物の多くは、「毛」で覆われていて、私たちの肌みたいにつるん、としていません。

    続きを読む
  6. 「失恋について」少女のための性の話

    人生でいちばん悲しいことって?人生、いろいろなことが起こります。悲しいことは数限りなくある。素晴らしくてうれしいことが数限りなくあるのと同じように。でも何がいちばん悲しいのでしょう。親しい人の突然の死や病は、とても悲しい。でも何よりあなたを悲しませるのは、「恋」を失うこと。

    続きを読む
  7. 「お産ってどんな経験?」少女のための性の話

    あなたのおなかの中で知らない経験は不安。やったことがないことは心配。初めてやることはどきどきする。誰だってそうだし、なんだってそうです。一度やったあとは、なあんだ、心配するほどのこともなかったな、大丈夫だったな、って思うことは多いのではないかしら。

    続きを読む
  8. 「おかあさんじゃない人」少女のための性の話

    おかあさんのこと好き?あなたはきっとおかあさんのことが大好きですね。おかあさんと仲がいいと思う。なんでもおかあさんに言えて、なんでもおかあさんに相談できて、困ったことはおかあさんに言う。やさしくて、頼りになって、あなたをおだやかに見つめてくれるおかあさん。あなたもそれを心地よく思う。

    続きを読む
  9. 仕事に楽しさを求めてもよいですか?

    仕事が楽しくありません。自分がやりたいことをしようとすると上司から阻止されます。職種は介護で、仕事自体は自分に向いていると感じています。もっと一人ひとりとゆっくり関わりたい。質の高いケアをしたい。そういう思いが、スピード感を求める現場の中では迷惑になるようです。

    続きを読む
  10. 「ひなまつり」少女のための性の話

    みんなで祝うことの意味3月3日は桃の節句。おひなまつりです。女の子の節句ですね。おうちで何段もあるひな壇におひな様を飾る人もあるでしょう。小さなおひな様とお内裏(だいり)様を飾る人もあるでしょうか。幼稚園などにいたときは、折り紙でおひな様を織ったりしたかもしれない。

    続きを読む
ページ上部へ戻る