ブログ

  1. 「北の野火」に『わかな十五歳』編集者が寄稿しました

    前回ブログで、わかなさんの「自作を語る」をご紹介しました(前回のブログはこちら)今回は、「北海道子どもの本連絡会」の会誌『北の野火』に、編集者が「自作を語る」として寄稿した原稿を紹介します。

    続きを読む
  2. 「子どもの本のひろば」に『わかな十五歳』著者わかなさんが寄稿されました

    「北海道子どもの本連絡会」が発行する会報「子どもの本のひろば」に、『わかな十五歳』のわかなさんが「自作を語る」を寄稿しました。

    続きを読む
  3. 【新年のご挨拶】2022年の刊行予定

    明けましておめでとうございます!昨年は12月に森達也さんの『ぼくらの時代の罪と罰 増補新版きみが選んだ死刑のスイッチ』刊行記念イベントの直後、2年ぶりに死刑が執行され、命の重さについて考えをめぐらせる年越しでした。今年は、つぎのラインナップを予定しております。

    続きを読む
  4. 【ブログ】12月21日、2年ぶりに死刑が執行されました。

    12月21日、2年ぶりに死刑が執行されました。森達也『ぼくらの時代の罪と罰 増補新版きみが選んだ死刑のスイッチ』刊行イベントの、翌々日のことでした。世界のトレンドとしては、毎年死刑廃止国が増えていて、死刑執行国である日本は、世界の中では少数派。

    続きを読む
  5. 被災者友の会・高槻のオンライン講座に登壇したわかなさんのアンサー

    今年は『わかな十五歳』のわかなさんが、被災者友の会・高槻のオンライン講座に二度にわたって登場しました。そこで寄せられた質問に、一つ一つわかなさんが回答されています。

    続きを読む
  6. 12月10日は世界人権デー & 新刊『ぼくらの時代の罪と罰 / 森達也」発売日!

    12月10日の今日は、世界人権デー!12月4日から10日までは、人権週間です。その世界人権デーに発売となる森達也さんの最新刊『ぼくらの時代の罪と罰 増補新版きみが選んだ死刑のスイッチ』。死刑と聞いて、それが何を指すか、わからない人はいないでしょう。

    続きを読む
  7. 「人権は虹みたいなもの。近づくと消えてしまう」- 免田栄さんを偲ぶ会のYouTube動画を視聴しました。

    免田栄さんを偲ぶ会をYouTubeで視聴しました。12月5日、免田さんの命日に開催されてオンラインで配信されており、ついつい見入ってしまいました。免田さんは死刑囚で初めて、再審無罪を勝ち取った方です。

    続きを読む
  8. 森達也『ぼくらの時代の罪と罰』 あとがきを一部ご紹介

    12月10日に発売する、森達也『ぼくらの時代の罪と罰 増補新版きみが選んだ死刑のスイッチ』のあとがきから、一部抜粋してご紹介します。

    続きを読む
  9. 「12人の絵本作家が描くおうえんカレンダ−2022 原画展@うらんたん文庫」にて

    巡回中の「12人の絵本作家が描くおうえんカレンダ−2022」原画展@うらんたん文庫(福岡県)で『わかな十五歳』も並べていただいてます!このカレンダーは、3.11の福島原発事故による影響から子どもたちを守ろうという趣旨に賛同された絵本作家さんたちがもう10年(その間1年休業)、続けているプロジ...

    続きを読む
  10. 投票率85%のスウェーデンでは”政治に関心がなくても投票へ行く”

    投票率が高いことで知られるスウェーデン。全体で85・8%、30歳未満は少し下がりますがそれでも81・3%です(2014年)。先月末に行われた日本の衆院選挙の投票率は、55・93%。「戦後3番目に低い」という冠がたびたび使われていました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る