ブログ

  1. 電子書籍版!森達也『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』

     電子書籍発売です! なんと……小社初のデジタル版。「電子書籍なんて!」な〜んて思っていたわけではありません、当然ながら。 ただただ、着手が遅れに遅れただけなんです。 今後、既刊も順次電子化を進めますので、チェックいただければ幸いです。

    続きを読む
  2. 「罪のない者だけが石を投げよ」ネットギャリーのレビューは、クリティカル1

     森達也さん新刊『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』のネットギャリーへのお試し掲載期間が、終了しました。 アクセスいただきましたみなさま、レビューをお寄せくださいましたみなさま、本当にありがとうございました。

    続きを読む
  3. メディアのトリック

     2020年が始まりました。 年明けのニュースは希望あること、楽しいことを選びたいところ。 しかし1月4日、「第三次世界大戦」が世界各国のTwitterでトレンド入り。そのニュースを見てしまった人には、ちょっと見過ごせない話だったのではないでしょうか。

    続きを読む
  4. 取り扱い店舗の一覧まとめ 森達也『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』

    森達也『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』を、取り扱っていただいている書店一覧をまとめました。もし在庫が売り切れてしまっている場合も、お店にご注文いただければ幸いです。小社の本はトランスビューからの直取引。1~4日のスピード納品で書店にお届けいたします。

    続きを読む
  5. 情報の洪水を泳ぎきれ! 〜カバーデザインが決まるまで〜

     『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』の書名が決まるまでについては、前々回のブログで書きました。 今回は、デザインができあがるプロセスを簡単に振り返ります。 ブックデザインは、わたなべひろこさんにお願いしました。 森達也さんの語り口は目線が低く、じつは子ども向け。

    続きを読む
  6. レビューは宝物!!

     発売前の本が読める「NetGalleyに期間限定で参加中!」というブログを先日、書きました。 お次は最新刊『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』を、先月下旬(つまり責了後)から公開しています。

    続きを読む
  7. 人類がニュースで滅亡しないために〜タイトルが決まるまで〜

     『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』が生まれたきっかけについては、前々回のブログで書いた。 次に大きな問題は、書名をどうするか。 タイトルの決まり方は、本によってさまざまだ。 いちばん困らないのは、企画発案と同時にほぼ確定のタイトルが浮かんでいるとき。

    続きを読む
  8. タマちゃんのおかげで消えたニュース

     アゴヒゲアザラシの赤ちゃんが多摩川に現れ、メディアの話題をさらったのを覚えているだろうか。2002年のことなので、当時小1くらいで「なんとなく覚えてる」方は今23〜24歳。社会に出ている年齢だ。

    続きを読む
  9. 新刊誕生秘話「ママ友が森達也さんを大プッシュ!」

     「フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ」の発売日が近づいてきました。今回のブログは、この本が出たきっかけをご紹介します。 出張時には子どもを預かってもらい、シーズンごとに子ども服のおさがりをいただき、食の安全への不安や政治への苛立ちもお互いシェアしあえる友人がいます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る