メディア掲載情報

  1. 中日新聞いま読みたい本ブックフェア開催中&新聞掲載

    名古屋市内7書店で開催中の「中日新聞いま読みたい本フェア」に、内田樹・寺脇研・前川喜平三氏による『教育鼎談』も参加中です。

    続きを読む
  2. 『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』が高校の教科書で紹介

    森達也著『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』が令和4年度の高校教科書で紹介されています。掲載されているのは『精選 現代の国語』(三省堂)。

    続きを読む
  3. 『時局 8月号』の書評欄に『教育鼎談』が掲載されました

    名古屋発のビジネス情報誌『時局』8月号の書評欄に『教育鼎談』が掲載されました。

    続きを読む
  4. 北海道新聞読書面(7/10付)に『教育鼎談』が掲載されました

    7/10付の北海道新聞の「読書ナビ」のコーナーに『教育鼎談 子どもたちの未来のために』が掲載されました。ある書店員さんからは「やっぱり読書面に載ると違うよね!」と言われてうれしい限り。

    続きを読む
  5. 『週刊 教育資料 7/18付』で寺脇研さんが『教育鼎談』をご紹介

    7/18付の『週刊 教育資料』の「自著を語る」のコーナーで、寺脇研さんが『教育鼎談』を紹介しています。

    続きを読む
  6. 森達也『ぼくらの時代の罪と罰』こどもの本棚(あさひかわ新聞)で紹介

    先日も紹介したあさひかわ新聞に、「こどもの本棚」というコーナーがあります。そこで『ぼくらの時代の罪と罰』が掲載されましたので、ご紹介します。あなたは死刑存知派ですか? 廃止派ですか? 恥ずかしながら、私はこの本を読むまで考えたことがありませんでした。

    続きを読む
  7. 「かたくてやわらかい本」『教育鼎談』があさひかわ新聞で紹介

    10年前、地元旭川で起業してうれしい驚きだったことの一つに、地域の新聞が生き残っていたことがあります。新聞は、民主的な社会のステークホルダーと言われます。

    続きを読む
  8. 西日本新聞書評欄に『教育鼎談』が掲載

    内田樹・寺脇研・前川喜平三氏の共著『教育鼎談 子どもたちの未来のために』が西日本新聞の書評欄にて掲載されました。評者は歌人の松村由利子さん。6月11日の紙面です。見出しは「『教育は公共のもの』と格差批判」。

    続きを読む
  9. 【メディア掲載情報】「しんぶん赤旗日曜版」(2/6付)の読書面「ほんだな」にて『ぼくらの時代の罪と罰』が紹介されました。

    「しんぶん赤旗日曜版」(2/6付)の読書面「ほんだな」にて『ぼくらの時代の罪と罰』が紹介されました。「長年の考察を小中学生に語るように説きます」「日本の死刑制度の矛盾を問いかけます」と評していただきました。

    続きを読む
  10. 『こどけん通信』に『わかな十五歳』書評掲載

    「私たちは2011年の子どもたちから何を受け取るのか」『わかな十五歳』の書評が『こどけん通信』(2021年6月号)に掲載されました。冒頭の一文は、その見出しです。「自らの頭で考え、言葉にするということは、尊くて、苦しい。

    続きを読む
ページ上部へ戻る