刊行書籍

  1. 雨の合間 Lull in the Rain

    アイルランドに30年住んでいる著者の英語と日本語の対訳詩集。 小さな庭の草花のいとおしさ、一方そこで展開される生き物の生存をかけた闘いや命のはかなさ。人間の世界における止むことのない非行、不公平に対する怒り。通りすがりの人間への関心。 第55回小熊秀雄賞受賞作。

  2. ひとが詩人になるとき

    詩を書くことで、ひとは詩人になる―― 言葉が蹂躙される時代に放つ、極私的詩人論。詩人に憧れながら実業家として半生を歩んだ著者が、幾度となく読み返してきた作品を再考察。なぜ、彼ら彼女らは詩人になったのか、その謎に迫る。「言葉が鍛えられる場所」シリーズ、待望の第3弾。

  3. 日本の森のようちえん 自然の中で感性が育つ

    自然環境で過ごすと子どものどんな力が伸びるのか。信じて待つことが、なぜ必要なのか。野外保育40年の編著者による森のようちえん論と、第1次森のようちえんブームをつくった17園の創設者たちがその魅力を語る2部構成。

  4. 甲府の動物園物語

    二代目園長の小林承吉さんの姿を描いた、戦前・戦中・戦後の甲府の動物園の物語。世界中で暴力の応酬が繰り広げられ、緊張が高まる今、生命の尊さと戦争の恐ろしさ、そして家族の絆を伝える、実話に基づく大人から子どもまで読める絵本。

  5. 宇宙のニュージーランド日記 なつかしい未来の国から

    安積宇宙(著)≫ 南の島の人と自然にかこまれて、私は私に出会った。ダンスパーティ、寮生活、学生役員の活動、そして就活。等身大の日々をつづった車いす留学記。

  6. ケアリング・ストーリー

    三砂ちづる(著)≫ 介護や看取り、家族や夫婦の関係などを、国際母子保健の世界を渡り歩いた経験を交えて浮き彫りにする。誰かを気にかけたり、大切に思うこと=「ケアリング」という言葉から広がった25篇のストーリー。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る