刊行書籍

  1. 少女のための性の話(5月28日発売※予約受付中)

    生理、妊娠、出産、子育て ぜんぶ、つらくない! 学校も親も伝えにくい性の知識。自分のからだを受け入れ 女の子の自己肯定感を高める27篇

  2. みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略

    少子高齢化や不況を乗り越え、急成長を遂げる北欧の高福祉国家・スウェーデン。彼らはなぜワークライフバランスを保ちながら経済成長、多文化共生、持続可能性を同時に実現できるのか?幸福と成長を両立させるスウェーデン式・教育制度の秘密に迫る。

  3. 家で生まれて家で死ぬ

    ゆたかな生と死は取り戻せるのか? 日本を代表する在宅医療の専門医と開業助産師、 がん患者家族らが語り尽くす、少子高齢化社会への処方箋。

  4. みーつけた!

    北海道・旭川市のご当地赤ちゃん絵本ができました! 仲間とはぐれたペンギンさんたち みつけられるかな?

  5. 天国への列車

    「あの、車掌さん――この列車は一体どこへ行くのですか」 ある日列車で出会った人々。やがて着いたその場所は? 不思議な登場人物や動物に託して 生きることの喜び、哀しみ、おかしみを描く、 大人のための童話集。

  6. 桜 散る日に 出陣学徒の交響楽“第九”歓喜の歌

    「僕は心底平和な時代に生まれたかったと思っております」 学徒出陣した東大生の実話を元にしたテレビドラマ「桜 散る日に」ほか、禅僧と教師の純愛を描いて一大ブームを作った「ピュア・ラブ」の脚本家が遺した代表作を一冊に。

ページ上部へ戻る