ブログ

【3月11日発売】わかな十五歳 中学生の瞳に映った3・11 特設ページ

あの日から十年。当時十五歳の中学生だった著者のリアルな体験を書籍化。

わかな 十五歳表示 桜道の先をじっと見つめる女子中学生

多感な思春期を原発事故に翻弄されながら生き延びた少女の心の声が胸に響いてくる——鎌仲ひとみさん(映画監督)
命を第一とする価値観を! 原点を見失わず「私のままで生きる」道を見いだした珠玉の手記——矢ヶ﨑克馬さん(琉球大学名誉教授)

 あの日は卒業式だった。優等生だった私の日常は原発によって一変した。「安全」「危険」どちらが正しいのか、大人もわからない非常事態下で子どもが見た光景とは。現実から目をそらさなかった著者は暗いトンネルをくぐりぬけ、生きる覚悟を決めて今、語り出す。重いバトンを渡された世代が語る希望の物語。
解説:野呂美加(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表)、川根眞也(元さいたま市立中学校理科教員、内部被ばくを考える市民研究会代表)

<目次より>

1.事故前のこと
2.あの日 二〇一一年三月十一日から一時避難まで
3.不自然な日常 二〇一一年四月~五月
4.戦時中 編入先の学校生活
5.トンネルと光
6.五年目
7.新しい旅立ち
[解説]十五歳のあなたへ 野呂美加/理科教師の孤独な闘い 川根眞也

<前書きなど>

 まえがき~十五歳の私へ
 授業中、教室の窓から外をながめ、言いようのないさまざまな感情が入りまじりながら、ノートに「死にたい」とふるえる手で書いていたあなたは十年という月日をへて「生きる覚悟」を伝える活動をしています。
 この十年をふりかえれば、十五歳のときに東日本大震災と原発事故があり、暗黒の高校三年間をへて十八歳のときにようやく、自分の経験を人に話せるようになりました。そして十九歳のときに山形から北海道に移住し、二十三歳のときに本格的に講演活動をはじめて、二十五歳の今、こうして本を書くことになりました。
 あなたには十年先の未来なんて想像できなかったでしょう。生きるのがつらくて。私はあなたにまず、「生きてきてくれてありがとう」、と伝えたい。 あなたが生きることを選んで、ここまで歩んできてくれたことが、今の私にとっていちばんの贈りものです。ありがとう。今の私は幸せにくらしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この本では十五歳の少女だった私が当時からこの十年間、なにを見てなにを感じてきたのか、読者のみなさんに知ってもらいたいと思っています。そして、私が今なにを希望に生きているのかを、伝えたいと思います。

わかな  (ワカナ)  (著/文)
1995年、福島県生まれ。2011年5月、福島県伊達市から山形県に避難。2015年より北海道在住。現在は北海道各地で経験を伝える講演活動を行う。

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing