ウェブマガジン〜GIFT〜

  1. 「第5回 一年目は寮生活」

    寮を選ぶ 前回は大学の選び方について、私の経験をもとに書いてみた。そして進路が決まったら、次は住むところを探さなくてはいけない。 ニュージーランドでは大学のある地域によって、学生の暮らし方に特徴がある。

    続きを読む
  2. 「第14回 「母」の言葉」 少女のための”海外へ出ていく”話

    赤ちゃんはだれから言葉を学ぶ? この文章を読んでくださっているあなたは、おそらく日本語話者だと思います。というか、「母語」が「日本語」の方が多いと思います。

    続きを読む
  3. 「第4回 大学の選び方」

    入試がないニュージーランド「留学したい」「大学はどう選んだの?」 最近、高校三年生になる友人や、知り合いのお子さんから、そんな質問を受けることが多い。高三だと、誰もが進路について考えなくてはならない。

    続きを読む
  4. 「第13回 ぱっと行動する力」 少女のための”海外へ出ていく”話

    なんとなく危ない、と思ったら 国内にいても、もちろん、危ないことはいろいろ起こり得ますけれども、日本がいかに他国と比べて治安がよいほうの国なのか、ということはこの連載の第7回「安全のために知っておいてほしいこと」で書きました。

    続きを読む
  5. 「第3回 楽しい夜は、危険地帯」

    ハリウッド青春映画と言えば 海外の高校って聞いたら、どんなことを思い浮かべるだろうか。 高校生を描いたハリウッド映画の中によく出てくる、プロムやボールと呼ばれるパーティーがある。企画するのは学生たちで作られる実行員だ。

    続きを読む
  6. 「第12回 体調はどうですか?」 少女のための”海外へ出ていく”話

    いつも体調不良だった 元気ですか。体調はいかがですか。 もともと病気や少し具合の悪いところがある方もおありかもしれませんし、とくに、そういうところはない、という方もあるでしょう。でもどういう基本の状態であっても、自分の調子がいいときと今ひとつよくないとき、というのがあると思います。

    続きを読む
  7. 「第2回 未来のための過去」

    マオリの時間 今日は、この留学記の名前の由来の話から、はじめよう。 Te Ao Maori (マオリの世界観)の中では、過去と未来の時間軸が、私たちの知っている方向とは逆方向だ。そのことを学んだのは、大学一年生のマオリ語の授業だった。

    続きを読む
  8. 「第11回 海外で生理になったら?」 少女のための”海外へ出ていく”話

    スーツケースにナプキン詰めて 生理の時、どうするのかなあ。 それは、どこか見知らぬ土地に行くときに、女の子なら誰しも考えることでした。

    続きを読む
  9. 「第1回 なつかしい始まり」

    ニュージーランドへ帰る 日本が冬の間、私の住むニュージーランドは夏。大学生の夏休みは長いので、毎年その間、日本に帰ってきている。そんなわけで一年中ほぼ冬の生活をして、はや四年がたとうとしている。

    続きを読む
  10. 「第10回 日本人とはだれですか?」 少女のための”海外へ出ていく”話

    大坂なおみは日本人か テニスの大坂なおみ選手が大活躍しています。今や世界一の女子テニスプレイヤーで、性格もとても魅力的な方みたいですね。彼女の活躍を見て、テニスをしてみたくなったなあ、という人も多いのではないでしょうか。

    続きを読む
ページ上部へ戻る