ウェブマガジン〜GIFT〜

  1. 「第9回 ソーシャルワークとの出会い」

    専攻に悩んだ日々 明日、長かったような短かったような四年間を経て、大学を卒業する。この機会に、この四年間に大学で何を学んだかについて、振り返ってみようと思う。 第四回の記事にも書いたように、私が大学に進むことを決めたのは、「どんな子どもも、よい幼少期を過ごせる社会を作りたい。

    続きを読む
  2. 「第18回 外国籍の人と結婚したら」 少女のための”海外へ出ていく”話

    結婚とは何か、考えてみる 国籍の違う人と結婚すること。それが国際結婚です。結婚とは何か、というのは、そもそもそもなかなかに難しい定義ですが、基本的には男と女が(現代は同性婚も議論されるようになってきていますが)周囲の認知を得てともに生きていくこと、でしょうか。

    続きを読む
  3. 「第8回 自分の居場所」

    私はどこの国の人? ”Where are you from?" (どこから来たの?) という質問は、シンプルなようで、いろんな気持ちを湧き起こす。 なぜなら、今住んでいるところを聞かれているのか、出身地を聞かれているのか、わからないからだ。

    続きを読む
  4. 「第17回 暑い季節の寒さ対策」 少女のための”海外へ出ていく”話

    四季のある日本 国内にいると、どの季節に何を着たらいいか、だいたい想像がつきます。いくら暑くても秋に向かうころには、ある日突然、スイッチを入れたようにかちっと秋になる日がある。冬はだいたい寒くて、春になると少しずつ暖かくなってくる。

    続きを読む
  5. 「第7回 友達の作り方」

    会話のきっかけ ほぼ知り合いもいない異国の地で、親元を離れて生活するというのは、かなり一大イベントだ。 それは、どんな人にとっても同じだろうけれど、そこに「車椅子で」という要素を足すと、リスクが増えるらしい。

    続きを読む
  6. 「第16回 パスポートとビザ」 少女のための”海外へ出ていく”話

    命の次に大切なもの 海外に行く話、ですから、まずは、持っていますか?パスポート。これがないと国外に出ることはできません。いったん日本の外に出たら、命の次に大事なパスポート。あなたの身分を保証し、あなたが本国以外であちこちにいくことを可能にしてくれるものです。

    続きを読む
  7. 「第6回 大地とのつながり」

    山の名前、川の名前 ニュージーランドにきてよかったと思うことはたくさんある。 特によかったのは、自然が生活の一部になったこと。東京の中でも自然が多いエリアで育ち、小さな頃はおたまじゃくしを捕まえたり、つくしを採りに行ったりしていた。

    続きを読む
  8. 「第15回 空港が好き」 少女のための”海外へ出ていく”話

    あなたはどのフェーズにいますか? 空港に漂う、なんともいえない、わくわくとした感じが好きです。どんなに仕事に追われていても、出張ばかりで空港に来ることが続いていても、空港に着くと、なんだか、ただ、わくわくする。 おそらく、スーツケースを持って、空港に立つこと自体が好きなんだと思います。

    続きを読む
  9. 「第5回 一年目は寮生活」

    寮を選ぶ 前回は大学の選び方について、私の経験をもとに書いてみた。そして進路が決まったら、次は住むところを探さなくてはいけない。 ニュージーランドでは大学のある地域によって、学生の暮らし方に特徴がある。

    続きを読む
  10. 「第14回 「母」の言葉」 少女のための”海外へ出ていく”話

    赤ちゃんはだれから言葉を学ぶ? この文章を読んでくださっているあなたは、おそらく日本語話者だと思います。というか、「母語」が「日本語」の方が多いと思います。

    続きを読む
ページ上部へ戻る