mitsui-publishingの記事一覧

  1. 【イベント】10月14日 18th 北欧に学ぶ創造性教育ワークショップ – 「起業家”精神”教育」in 札幌

    教育先進国の北欧では、「創造性を学ぶこと」が重要視されています。 創造性は、多くの仕事がAI(人工知能)に取って代わられるかもしれない時代に必要な、21世紀型のソフトスキルの主たる要素だからです。

    続きを読む
  2. 【中止】10月13日 17th 北欧に学ぶ創造性教育ワークショップ「令和な職場と働き方」 in 旭川

    台風19号の影響で講師の旭川入りが不可能になり、旭川のワークショップは中止といたしました。誠に申し訳ありません。Peatixにてチケットご購入済みのお客さまには、中止をお伝えする自動メールが届き購入代金全額が返金されます。教育先進国の北欧では、「創造性を学ぶこと」が重要視されています。

    続きを読む
  3. 2刷出来!『みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』ためし読み公開

    『みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』2刷を記念しまして、鈴木賢志さんによる第4章「スウェーデンの主権者教育」の一部を版元ドットコム「ためし読み」で公開しました!スウェーデンの投票率は87%(2018年)。先月日本で行われた国政選挙の投票率は、48.8%でした。

    続きを読む
  4. 「第15回 空港が好き」 少女のための”海外へ出ていく”話

    あなたはどのフェーズにいますか? 空港に漂う、なんともいえない、わくわくとした感じが好きです。どんなに仕事に追われていても、出張ばかりで空港に来ることが続いていても、空港に着くと、なんだか、ただ、わくわくする。 おそらく、スーツケースを持って、空港に立つこと自体が好きなんだと思います。

    続きを読む
  5. 「生きてるんですけど」安積遊歩さんの言葉はいつも、いのちの授業

     先月、NHKのハートネットTV「母から娘へ~いのちと尊厳のバトン~」に登場した安積遊歩さんは、自伝エッセー『自分がきらいなあなたへ』でも書いているが、現在は北海道の札幌市に住む。 全国の障害をもつ仲間のもとへ飛んでいったり、大学や福祉団体で講義をしたり。

    続きを読む
  6. 「第5回 一年目は寮生活」

    寮を選ぶ 前回は大学の選び方について、私の経験をもとに書いてみた。そして進路が決まったら、次は住むところを探さなくてはいけない。 ニュージーランドでは大学のある地域によって、学生の暮らし方に特徴がある。

    続きを読む
  7. スウェーデンの学校に重要な6つのこと〜ソフィア・ヤンベリさんのお話から〜

     北海道は当別町のスウェーデン交流センターで毎月行われるスウェーデンセミナー。 センターのスウェーデン人スタッフが担当するこのセミナー。 現在のスタッフはソフィア・ヤンベリさん。

    続きを読む
  8. 相模原事件から3年。安積遊歩さん「私たちが存在でひっくり返す」

     NHKのハートネットTVで安積遊歩さん、宇宙さんを追ったドキュメンタリー「母から娘へ~いのちと尊厳のバトン~」が放送された。 3年前の今日、神奈川県相模原市の津久井やまゆり園という知的障がいをもつ人々が暮らす施設で、入所者19名が殺される事件が起きた。

    続きを読む
  9. 「第14回 「母」の言葉」 少女のための”海外へ出ていく”話

    赤ちゃんはだれから言葉を学ぶ? この文章を読んでくださっているあなたは、おそらく日本語話者だと思います。というか、「母語」が「日本語」の方が多いと思います。

    続きを読む
  10. 安積遊歩さん・安積宇宙さんからの動画メッセージ「多様性のレッスン」紹介

    自分なんていないほうがいい? 生産性で人を測っていい? 車椅子の母娘がいろんなお悩みに答える本『多様性のレッスン』を、著者自身が紹介。53秒のショートムービーでお二人の声をお届けいたします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る