mitsui-publishingの記事一覧

  1. 【イベント】2月18日開催 座談会「いのちをはぐくむ~家でうまれて家で死ぬ」赤ちゃんとの暮らし in 国立

    2月18日、『家で生まれて家で死ぬ』の共著者、矢島床子さんと佐藤有里さん出演の座談会が開催されます。

    続きを読む
  2. 【3月発売予定】みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略

    スウェーデンとの国交150周年を迎える今年、 ミツイパブリッシングでは3月15日(予定)に新刊を発売いたします。

    続きを読む
  3. 『天国への列車』作者・森下みかん朗読会を開催しました。

    予想をポジティブに裏切る 完成度の高い新作に酔いしれたひととき12月23日イブの前日、雪の降りしきる、まちなか文化小屋。 森下みかんさんと辰衛さんの熱心なファン約20名が参加くださいました。 舞台はその前日、「朗読会やるんなら・・」と演劇関係の方が暗幕の舞台を設置。

    続きを読む
  4. 【応募受付中】ミツイパブリッシングから年賀メールのお届け!

    今年も残すところあと1ヶ月を切りました。本年も皆様には誠にお世話になりました。 クリスマスムード一色の街中も、それが過ぎれば大掃除、おせち料理の準備と大変忙しくなりますね。

    続きを読む
  5. 朗読会フライヤー

    【イベント】12月23日開催 森下みかん朗読会 in 北海道旭川市

    「天国への列車」著者の森下みかんさんと、三浦綾子文学館特別研究員の森下辰衛さんをお招きし、朗読会を開催いたします。

    続きを読む
  6. 家で生まれて家で死ぬバナー

    新刊情報「家で生まれて家で死ぬ / 三砂ちづる」11月20日発売

    【三砂ちづる最新刊】日本を代表する在宅医療の専門医と開業助産師、がん患者家族らが語り尽くす少子高齢化社会への処方箋。 「誰も、医療の結果で死にたくない。

    続きを読む
  7. 「家で生まれて家で死ぬ」シンポジウム

    【満員御礼】11月18日開催「家で生まれて 家で死ぬ」シンポジウム in 熊本

    「家で生まれて家で死ぬ」シンポジウム「人は生きたように死んでいく」1960年代、家で生まれて家で死ぬのは、全体の半々となり、それから急激に施設・病院での出産と看取りが増えていきました。

    続きを読む
  8. 遊歩と宇宙の「自分がきらい」から「自分がすき」になる相談室画像

    第44回 ゲーム以外の遊びを一緒に考えてみて

    3年生と5年生の息子がいます。子どもたちはゲームが大好きで、毎日2時間は遊んでいます。長時間ゲームに没頭すると、子どもたちに悪影響がないかと心配です。遊歩さんはゲームについてどうお考えですか。

    続きを読む
  9. 最終回 選択

    食べたいお菓子を選べる「選ぶことができる」、というのは、良いことだと思いますよね。食べたいお菓子を選ぶことができる、好きなハンバーガーの種類を選ぶことができる、好きな服を選ぶことができる、スマホのカバーも選ぶことができる。

    続きを読む
  10. 第25回 からだを信頼すること

    おとぎ話のようなホントの話あなたはとても元気で、からだもどこも不都合がなくて、健康な人かもしれない。あるいは、どこかちょっと具合が良くないところがある人かもしれない。

    続きを読む
ページ上部へ戻る