ブログ

本から、世界への扉を開く – 8月27日発売『少女のための海外の話』

今朝ほど「一冊!取引所」 https://1satsu.jp/ に参加されている書店さんに、次のような発売お知らせのメールをご案内しました。

*****************

三砂ちづる”少女のためのシリーズ”待望の最新作!

私はどこか、
外国へ行くのだ。
そう思っていれば、とびらは開くーー
留学や海外で働く夢を持つ人へ、豊富な海外経験をもつ女子大教授がこれだけは伝えたいこと。

海外生活でいちばん大切なこと、外国語が上達した時の裏話、パンデミックなど非常事態の覚悟。
帰国子女でもエリート校出身でなくても、国際協力の現場で活躍できる、その進路も紹介。

読書家でもある三砂ちづるさんは、こう書きます。

「若いあなたはいま、いつもと違う日々を過ごすことを余儀なくされていると思います。
このようなときこそ、普段読まなかった本をたくさん読み、人間がやってきたこと、様々な歴史などについて学んでもらいたいと思います。
いざという時の「覚悟」は、一人でいる時間の、深い学びと思索によって醸成されるものだと思うからです」(本文より)

「本」から、世界の扉を開く1冊です!
シリーズ第1作、自分のからだを受け容れて、自己肯定感を高める性教育よみもの『少女のための性の話』も合わせてチェックいただければ幸いです。(男性、父親にも好評です)

*****************

さて「一冊!取引所」は、出版社と書店をつなぐ、新しい試み。小社も6月より参加しております。

いろんな楽しい機能があるのですが、その一つが、「リードリスト」。
ネット通販でお買い物するときに使う「お気に入り登録」みたいなものですかね。

公開されているリストは誰でも見ることができるので、書店員さんの「気になる本」「個人的品揃え」とか! 他にもテーマ別、テレビで紹介された本などなど、見るだけで楽しいです。

そこで、小社としては早速

三砂ちづるさん「少女のための」シリーズ
https://1satsu.jp/user/?tab=readlist&id=557

というリストを作成して、合わせて書店さんにご案内しました。

「少女のためのシリーズ」が生まれた経緯については、こちらを。
https://mitsui-publishing.com/blog/20200813

少女のための海外の話

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing