ブログ

【3月9日】森松明希子×わかな「大人の決断、子どもの決断 15歳で命の選択を迫られたら、あなたはどうする?」 @オンライン配信

3月9日19時から、本屋B&Bさんのオンライン配信にて、『わかな十五歳 中学生の瞳に映った3・11』重版記念イベントが開催されます。

イベント概要(本屋B&Bイベントページより引用)

『わかな十五歳』ではわかなさんの、避難するかどうかを迫られたときの気持ちや、希望に満ちていたはずの高校生活が大きく変わったことについて、まっすぐに綴られています。

このたびB&Bは『わかな十五歳』の重版を記念して、そして12年目の3.11を迎えるにあたり、わかなさんにご出演いただくトークイベントを開催します。

ゲストは、東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream(サンドリ)代表の森松明希子さん。現在でも森松さんは国会や国連で自身の体験を語ったり「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」で共同代表を務めるなど、多方面で発信を続けています。

逃れようのない危機に遭ったとき、大人は、そして子どもは、何を感じたのか。
11年を経ていま自分たちにできることは何か。

今なお、あの日を体験し続けているお二人と考えていきます。

【出演者プロフィール】
森松明希子(もりまつ・あきこ)

1973年、兵庫県生まれ。2011年5月、0歳と3歳の2児を連れて福島県郡山市から大阪府へ避難。東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表、国と東電を相手に起こした損害賠償訴訟の「原発賠償関西訴訟」の原告団代表・「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」共同代表を務める。被災当事者としてスイス・ジュネーブの国連人権理事会でスピーチ、参院東日本大震災復興特別委員会に参考人として陳述。著書に『母子避難、心の軌跡』(かもがわ出版、2013)、『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけ』(文芸社、2021)。

わかな
1995年、福島県生まれ。2011年5月、福島県伊達市から山形県に避難。2015年より北海道在住。現在は北海道各地で経験を伝える講演活動を行う。

開催日時:2022年3月9日 19:00-21:00

会場:オンライン配信

配信参加料:1,650円
(書籍付き)配信参加料:1,650円+『わかな十五歳』1,870円

申込方法および詳細は、下記の本屋B&Bのイベントページからご確認ください。
https://bookandbeer.com/event/220309/

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing