ブログ

「少女のための」シリーズのこと – 8月27日発売『少女のための海外の話』

「少女のための」シリーズ第1作『少女のための性の話』は、友人の一言から生まれた本です、という話はこちらで書きました。

三砂ちづる著『少女のための性の話』2刷出来ました!

日本の性教育の不足についてはさまざまな場で指摘されています。

「中学生の娘にどう伝えればよいのか」という友人の悩みは、考えてみたら誰もが抱くものかもしれません。

今年の4月ごろ流行っていた「7日間ブックカバーチャレンジ」でも、選んでくださっている方がちらほらいらして、「ぱっと思いつく本の表紙」としてインプットいただいているのは本当にうれしいことでした。
二、三世代後でも通用する、普遍的な「女性の知恵」がぎゅうっと詰まった本ですので、お近くの本屋さんはもちろん、図書館、または電子版もチェックしてみてください。

▼試し読みは下記リンク先から
https://store.voyager.co.jp/publication/9784907364182


『少女のための性の話』刊行後、三砂ちづるさんの新連載のテーマに決まったのが、「海外志向をもつ若い人のための話」でした。
長年、国際協力の現場で実績を積んできた三砂さんの経験や知識を、余すところなく公開していただこう、という企画です。女性特有の話もたくさん出てきそうだ、ということで、「少女のための」シリーズ第2作にしましょう! ということになりました。

「海外に出てみたい」
「海外で働いてみたい」

そんな思いをもっていても、いざ行動に移すには、たくさんのハードルがあるものです。
インターネットで何でも検索できるとは言え、自分が求める情報にアクセスできる環境にある人は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

しかも、新型コロナウイルスの見通しが不確かな今、海外に渡るのは簡単ではありません。

大学で国際協力を教える、海外経験豊富な著者によるこの本は、それでも、海外とつながることに興味を持ち続ける人に向けて、書かれた本です。

▼書籍情報の詳細はこちら

【8月27日発売予定】三砂ちづる最新刊『少女のための海外の話』

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing