ブログ

東京新聞に『教育鼎談』の広告を出しました 〜先生も子どもも苦しまない学校は作れるか〜

前川喜平さんが「本音のコラム」を連載している「東京新聞」。
4/27発売の新刊『教育鼎談』の広告を出しました。(掲載日は4/24)

この日の前川さんのコラムは教員免許更新制について。
この不評な制度は今国会で廃止されるらしいが、そもそも導入したのは自公政権。
この制度を作った張本人に「ありがとう」と言ってはいけない、という内容でした。

先生も子どもも苦しまない学校はどうしたら作れるのか?

『教育鼎談』では、昭和・平成の教育と向き合った3人が未来志向で語り合います。

教育鼎談 子どもたちの未来のために

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing