九月はもっとも残酷な月 / 森達也

映画「福田村事件」監督の最新時評集。関東大震災後に起きた朝鮮人虐殺を見つめ、ウクライナやガザに煩悶する。「〈僕〉や〈私〉の一人称が、〈我々〉〈国家〉などの大きな主語に置き換わるとき、人や優しいままで限りなく残虐になれる」と著者は言う。映画公開前後の日々から独自の映像創作論、初めて福田村事件をとりあげた伝説のエッセー「ただこの事実を直視しよう」も収録。その他、入管法やイスラエル・パレスチナ問題、東アジア反日武装戦線など、時事ニュースの奥に潜む社会の核心に食らいつく。

著者プロフィール

森 達也  (モリ タツヤ)  (著/文

1956年広島県生まれ。映画監督・作家。98年、ドキュメンタリー映画『A』を公開。2001年、続編『A2』で山形国際ドキュメンタリー映画祭特別賞・市民賞。2023年、劇映画『福田村事件』で釜山国際映画祭ニューカレンツ賞を受賞。著書に『放送禁止歌』『死刑』『A3』(講談社ノンフィクション賞)、『いのちの食べかた』『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』『ぼくらの時代の罪と罰』『千代田区一番一号のラビリンス』『虐殺のスイッチ』他多数。

書籍情報

判型: 四六判
価格: 1,800円+税
ISBN: 978-4-907364-36-6
発売日: 2024年815

森達也(著)その他のタイトル

フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ 増補新版世界を信じるためのメソッド – ミツイパブリッシング (mitsui-publishing.com)
ぼくらの時代の罪と罰 増補新版きみが選んだ死刑のスイッチ – ミツイパブリッシング (mitsui-publishing.com)

ページ上部へ戻る