ブログ

【満員御礼】11月18日開催「家で生まれて 家で死ぬ」シンポジウム in 熊本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家で生まれて家で死ぬ」シンポジウム

「人は生きたように死んでいく」

1960年代、家で生まれて家で死ぬのは、全体の半々となり、それから急激に施設・病院での出産と看取りが増えていきました。現代は、ほとんどの人が施設で生まれ、施設で亡くなり、家で生まれて家で死んでいた頃の記憶は継承されなくなってきています。しかしながら、家で生まれて、家で死ぬことを忘れることは、良かったのだろうかと、考える人も増えてきています。そんな中、あらためて生まれる場所、死ぬ場所を振り返り、豊かな“生”考える機会を作りたいと、シンポジウムを企画しました。

 シンポジストは、2年前に末期ガンのご主人を自宅で看取った三砂(みさご)ちづるさん、自宅出産を専門とする助産師の村上恵理さん、熊本で在宅看取りの専門をしている益永佳予子さんです。参加者一人ひとりが「家で生まれて家で死ぬ」ことについて考え、お産と看取りの尊厳が取り戻されていくことを願っています。

【開催日】1月18日(土) 13:30開場/14:00開始
【場所】熊本大学医学部保健学科 C棟C503 (熊本市中央区九品寺4-24-1)
【定員】100名(先着順)
【チケット】前売1,500円 当日1,800円 大学生1,000円(高校生以下無料)
【シンポジスト 】
三砂 ちづる(作家・津田塾大学国際関係学科教授)
村上 恵理(助産庵さくら 自宅出産専門助産師)
益永 佳予子(ファーマダイワ介護事業部ケアマネージャー)
【当日のスケジュール】
13:30 開場
14:00 シンポジウム開始
16:00 質疑応答
16:30 終了 書籍販売(三砂ちづるサイン会)
【主催】熊本三砂研究会
【告知サイト】https://goo.gl/txMMQe

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing