父の約束 本当のフクシマの話をしよう

学校の放射線量測定、文科省への20ミリシーベルト交渉・・・子どもたちを守るためにいち早く声をあげ、行動した著者が語る「あの日」からの記録。原子力防災に必携の1冊!

≪本文より≫

いま自分にできることは何なのか、と考えたときに、私が次の世代に希望を語ることはできないけれども、子どもたちが自分自身で希望を見出していく、そういう人間に育てることが私の責務だろう、と思うようになりました。(中略)
原発事故は防げなかったけれども、できることは精一杯やったつもりだ、と、子どもたちに胸をはれるようになりたい。
そして、二度とこんな悲劇を繰り返さないために、すべての原発を廃絶することにも精一杯取り組んでいきたいと思っています。

≪もくじより≫

危険を知っていたのに/安全宣伝キャンペーン/覚悟を決める/学校が危険地帯に/立ち上がった親たち/避難の壁、サテライト疎開/自主避難の呼びかけ/被ばくの事実/食卓の汚染/なぜプールがこわいのか/予防を優先してほしい/避難したい人が5割/保養弱者を出さないために/被災者を守る法律

≪著者略歴≫

中手聖一(なかて・せいいち)
 1961年いわき市生まれ。福島市在住中に東日本大震災で被災。
 2012年6月、30年以上勤めた障がい者団体を辞職し札幌市に移住。
 2013年3月、障がい者向け訪問介助サービスを行う合同会社うつくしま「うつくしま介助サービス」を立ち上げる。子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク前代表、原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人、むすびば・札幌くらし隊メンバー。

【書評】『父の約束 本当のフクシマの話をしよう』評者:内田樹(思想家・武道家)

著者: 中手聖一
ISBN: 978-4-907364-00-7
判型: A5判 ページ数: 64頁
発行年月: 2013年6月
定価: 500円+税

注文フォーム

※クレジットカード決済は下記の、
amazon、honto、YAHOO!ショッピングをご利用ください。

 amazonバナーYAHOO!ショッピングバナー

ページ上部へ戻る