ブログ

【7/18 安積宇宙さん出演イベント】土屋訪問介護事業所オンライン学習会 #2 不安な時代でも私らしく生きていく

安積宇宙さん出演イベントのご案内です。
※本イベントは配信でのみご参加いただけるイベントです。詳細につきましては土屋訪問介護事業所さんのイベントページをご確認ください

土屋訪問介護事業所オンライン学習会
#2 不安な時代でも私らしく生きていく〜重度訪問介護でつながった女性たちの優しく、強く、まっすぐな日々〜

恋愛、仕事、結婚、子育て、介護・・・。
女性が生きるって難しい。
今回のイベントでは、見通しの立ちづらい現代で、自分自身の授かった境遇に翻弄されながらも輝いて生きる3人の女性をお招きしました。
優しく、強く、まっすぐに自分らしく生きるヒントを、皆さまにお届けできたら幸いです。
お茶とお菓子を用意して、肩ひじを張らずにご参加ください。

日時:2020年7月18日(土)10時~12時
場所:Stay at Home オンラインで開催いたします。
参加費:無料
主催:土屋訪問介護事業所/ユースタイルラボラトリー株式会社

【参加方法】

お申込の詳細は下記のリンク先からご確認ください(土屋訪問介護事業所さんのイベントページ)

https://tsuchiya-houmon.com/on-event02/

【プログラム】

1 開会
2 「世界は広い~ニュージーランドで私らしく~」安積宇宙
3 「笑顔で生きる~人生に巻き起こる全てを受け入れて~」佐藤飛美
4 「妊娠、出産、育児~味方を見つけて、支え合いながら~」伊是名夏子
5 女性らしい生き方のヒント
6 質疑応答

【登壇者プロフィール】

安積宇宙(あさかうみ)
1996年生れ。母の体の特徴を受け継ぎ、生まれつき骨が弱いという特徴を持つ。ニュージーランドのオタゴ大学、社会福祉専攻、修了。現在、ニュージーランド在中。母との共著に『多様性のレッスン 車いすに乗るピアカウンセラー母娘が答える47のQ&A』(ミツイパブリッシング)。



伊是名夏子(いぜななつこ)

コラムニスト。1982年、沖縄生まれ。骨の弱い障害「骨形成不全症」で電動車いすを使用。那覇市小学校英語指導員を経て結婚。6歳と4歳の子育てを、総勢15人のヘルパーやボランティアに支えながらこなす。早稲田大学卒業、香川大学大学院修了。著書「ママは身長100cm(ハフポストブックス)」。

佐藤飛美(さとうあすみ)
1981年、東京都生れ。22歳の時、乳幼児突然死症候群(SIDS)で生後3か月の息子を失った過去を持つ。慢性腎臓病(CKD)患者の食事療法をサポートする仕事から介護職へ転職。現在は土屋訪問介護事業所東京エリアマネージャー。

【ファシリテーター】

吉岡理恵(よしおかりえ)
1981年、東京都生れ、OLから介護職へ転身。障害を持った方々の支援で生きることの深さを学び、同僚と働く中で、組織で女性が生き抜く難しさを知る。

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing