家で生まれて家で死ぬ

ゆたかな生と死は取り戻せるのか?
日本を代表する在宅医療の専門医と開業助産師、
がん患者家族らが語り尽くす、少子高齢化社会への処方箋

〈もくじより〉
Ⅰ 家で生まれる、ということ 矢島床子
Ⅱ 家で死ぬ、ということ 新田國夫
Ⅲ 地域で育つ、ということ 佐藤有里
Ⅳ 家で看取る、ということ 三砂ちづる
Ⅴ ディスカッション

〈著者略歴〉
矢島床子(やじま・ゆかこ)
1945年岐阜県生まれ。矢島助産院院長。著書に『助産婦(仕事-発見シリーズ)』(実業之日本社)、共著に『新版フィーリング・バース 心と体で感じるお産』(自然食通信社)。
新田國夫(にった・くにお)
1944年岐阜県生まれ。新田クリニック院長。医学博士・日本外科学会外科専門医。著書に『安心して自宅で死ぬための5つの準備』(主婦の友社)。

佐藤有里(さとう・ゆり)
1974年千葉県生まれ。NPO法人くにたち農園の会 監事。NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟理事。森のようちえん谷保のそらっこ代表。

三砂ちづる(みさご・ちづる)
1958年山口県生まれ。兵庫県西宮育ち。津田塾大学国際関係学科教授、作家。著書に『女が女になること』(藤原書店)、『死にゆく人のかたわらで』(幻冬舎)他多数。

『家で生まれて家で死ぬ』
著者: 矢島床子・新田國夫・佐藤有里・三砂ちづる
ISBN: 978-4-907364-07-6
判型: 四六判並製
ページ数: 144頁
発行年月: 2017年11月20日
定価: 1200円+税

より詳しい情報は下記リンク先にございます。
https://mitsui-publishing.com/newrelease/misago01

注文フォーム

※クレジットカード決済は下記の、
YAHOO!ショッピングまたはamazonをご利用ください。

YAHOO!ショッピングバナー amazonバナー

ページ上部へ戻る