ブログ

  1. 7月16日(土)『教育鼎談』刊行記念 内田樹×寺脇研×前川喜平トークライブを開催

    7月16日(土)16:00からYouTubeライブにて、『教育鼎談 子どもたちの未来のために』刊行&増刷記念トークライブを開催いたします。イベント概要著者3名によるトークをライブで配信します。

    続きを読む
  2. 森達也『ぼくらの時代の罪と罰』こどもの本棚(あさひかわ新聞)で紹介

    先日も紹介したあさひかわ新聞に、「こどもの本棚」というコーナーがあります。そこで『ぼくらの時代の罪と罰』が掲載されましたので、ご紹介します。あなたは死刑存知派ですか? 廃止派ですか? 恥ずかしながら、私はこの本を読むまで考えたことがありませんでした。

    続きを読む
  3. 「かたくてやわらかい本」『教育鼎談』があさひかわ新聞で紹介

    10年前、地元旭川で起業してうれしい驚きだったことの一つに、地域の新聞が生き残っていたことがあります。新聞は、民主的な社会のステークホルダーと言われます。

    続きを読む
  4. 西日本新聞書評欄に『教育鼎談』が掲載

    内田樹・寺脇研・前川喜平三氏の共著『教育鼎談 子どもたちの未来のために』が西日本新聞の書評欄にて掲載されました。評者は歌人の松村由利子さん。6月11日の紙面です。見出しは「『教育は公共のもの』と格差批判」。

    続きを読む
  5. 「第24回(最終回) 言わないこと」ケアリング・ストーリー

     ある新聞の投書が話題になっていた。もう人生の晩秋を迎えようとしている年齢のご夫婦らしい。妻の方からの投書である。夫の学生時代の彼女だった女性が、末期がんになった。

    続きを読む
  6. 年1回発行しているMPニュースから記事をご紹介します。MP NEWS 2022 (2/2)

    【好評2刷】「今年読んだどの書よりもこころに残った作品」(ノーマ・フィールドさん)わかな十五歳 中学生の瞳に映った3.111870円(税込) / 四六判並製 / 184頁 / ISBN978-4-907364-22-9(書籍のページはこちら) 東日本大震災から...

    続きを読む
  7. 年1回発行しているMPニュースから記事をご紹介します。MP NEWS 2022 (1/2)

    森達也さん『ぼくらの時代の罪と罰』見えなくされている「死刑制度」を見つめる一冊を刊行!僕らの時代の罪と罰1980円(税込)/ 四六判並製 / 240頁 / ISBN978-4-907364-24-3 ブックデザイン わたなべひろこ / 装画・本...

    続きを読む
  8. 人口減社会で教育はどうあるべきか? 内田樹・寺脇研・前川喜平『教育鼎談』の未収録原稿を公開

    暗算ができる人は知っている。日本の合計特殊出生率の意味するところを前川さんが解説。これから起きる急激な人口減少に、私たちは、そしてこの国の教育は、どう対応すればよいのでしょうか。寺脇 15歳以下って、2022年の推計によれば、たった1465万人しかいないんですよね。

    続きを読む
  9. 東京新聞に『教育鼎談』の広告を出しました 〜先生も子どもも苦しまない学校は作れるか〜

    前川喜平さんが「本音のコラム」を連載している「東京新聞」。4/27発売の新刊『教育鼎談』の広告を出しました。(掲載日は4/24)本日4月24日の東京新聞一面に内田樹・寺脇研・前川喜平の共著『教育鼎談』の広告を出しました。

    続きを読む
  10. 楽天ブックスで『ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+』が紹介されています。

    東京レインボープライド(TRP)連動企画!TRP選書によるLGBTQ関連書籍として、ソフィア・ヤンベリ『ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+』も、 楽天Koboサイト上で一覧紹介いただいています。

    続きを読む
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る