ブログ

  1. 【書評】女性を理解するために男性にも読んでほしい『少女のための性の話』

     『少女のための性の話』は、男性が手に取るには何とも気恥ずかしいタイトルだが、是非とも、男性にも読んでいただきたい。 女性を生きるということは、この日本社会において過酷であると私は思う。

    続きを読む
  2. 【書評】『多様性のレッスン』 FGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF)ニュースレター第82号より

    『多様性のレッスン 車いすに乗るピアカウンセラー母娘が答える47のQ&A』 著者の安積遊歩さんは、生まれつき骨が弱いという障害をもちながら、アメリカのパークレー自立生活センターで研修を受け日本にピアカウンセリングを紹介するなど、女性障害者の立場から積極的に発信を続けてきた。

    続きを読む
  3. 安積遊歩さんインタビュー 手をさしのべあいながら、生きる

     好きな言葉はNever give up. 障がいをもっていても、自由をあきらめない。

    続きを読む
  4. 【イベント】6月22日 『ママは身長100cm』『多様性のレッスン』刊行記念 歩けなくても、ちがっていても大丈夫! 伊是名夏子×安積宇宙 トークイベント@大阪・難波

    歩けなくても、ちがっていても大丈夫!〜『ママは身長100cm』(ハフポストブックス/ディスカヴァー)『多様性のレッスン』(ミツイパブリッシング)刊行記念〜伊是名夏子(コラムニスト) 安積宇宙 (大学生)      生まれつき骨が弱い「骨形成不全症」という障害を抱えながら、5歳...

    続きを読む
  5. 【書評】「分けない」ことでより豊かな「みんなの教育」を実現する

    『みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』評者:新井達也氏(自由の森学園高等学校校長)『季刊 人間と教育』101号(旬報社、2019年3月)より転載『季刊 人間と教育』101号に『みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』の書評が掲載されました。

    続きを読む
  6. 「第12回 体調はどうですか?」 少女のための”海外へ出ていく”話

    いつも体調不良だった 元気ですか。体調はいかがですか。 もともと病気や少し具合の悪いところがある方もおありかもしれませんし、とくに、そういうところはない、という方もあるでしょう。でもどういう基本の状態であっても、自分の調子がいいときと今ひとつよくないとき、というのがあると思います。

    続きを読む
  7. 紀伊國屋書店新宿本店 『多様性のレッスン』刊行記念 安積遊歩さん×安積宇宙さんトーク(2019/1/24開催)ほぼ全文書きおこし! その5

    (その1はこちらから)(その2はこちらから)(その3はこちらから)(その4はこちらから)頼ることは、つながること安積宇宙さん これも本に書いたことですが、昨年、私の電動車椅子のタイヤがパンクしてしまいました。

    続きを読む
  8. 【イベント】6月13日 『ママは身長100cm』『多様性のレッスン』刊行記念 歩けなくても、ちがっていても大丈夫! 伊是名夏子×安積宇宙 トーク&サイン会 @永田町

    『ママは身長100cm』(ハフポストブックス/ディスカヴァー)著者の伊是名夏子さんと『多様性のレッスン』(ミツイパブリッシング)著者の安積宇宙さんを迎え、トーク&サイン会を開催します。

    続きを読む
  9. 紀伊國屋書店新宿本店 『多様性のレッスン』刊行記念 安積遊歩さん×安積宇宙さんトーク(2019/1/24開催)ほぼ全文書きおこし! その4

    (その1はこちらから)(その2はこちらから)(その3はこちらから)原動力は、聞き合うこと安積遊歩さん 私は0歳から2歳まで、男性ホルモンを打たれたり、レントゲンを何度も撮られたり、手術を8回も受けました。その手術は、今となってはまったく必要なかったと思っています。

    続きを読む
  10. 「第2回 未来のための過去」

    マオリの時間 今日は、この留学記の名前の由来の話から、はじめよう。 Te Ao Maori (マオリの世界観)の中では、過去と未来の時間軸が、私たちの知っている方向とは逆方向だ。そのことを学んだのは、大学一年生のマオリ語の授業だった。

    続きを読む
ページ上部へ戻る