ブログ

【イベント】2月18日開催 座談会「いのちをはぐくむ~家でうまれて家で死ぬ」赤ちゃんとの暮らし in 国立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月18日、『家で生まれて家で死ぬ』の共著者、矢島床子さんと佐藤有里さん出演の座談会が開催されます。

1.座談会「いのちをはぐくむ~家でうまれて家で死ぬ」
赤ちゃんとの暮らし
矢島床子(矢島助産院院長)&佐藤有里(「森のようちえん 
谷保のそらっこ」代表)
司会:小林未央(編集者、デザイナー)
時間:10:30-11:45 /定員40名

2.トークセッション「スウェーデンの子育事情」
スウェーデンは、子どもがうまれると国から給与の約80%に相当する額が給付されることにより、
両親が480日一緒にいることができます(給付は390日分で上限あり)。
にもかかわらず法律で定められた日数を取得しているのは
未だ一部の父親にとどまっているそうです。
それでも日本に比べれば……そんなお話などをスウェーデンの方からお伺いします。
時間:13:30-14:45 /定員40名

※12:00-13:00 は、つちのこや和室で「玉ちゃんの家」のランチをお召し上がりいただけます。
 キッズメニューや離乳食もご用意します。
※座談会とトークセッションは参加費各500円(各回定員40名)、玉ちゃんのランチは1000円

場所:
つちのこや−田畑とつながる子育て古民家
〒1860011 東京都 国立市東京都国立市谷保5119
主催:子育て古民家「つちのこや」
Webサイト: http://hatakenbo.org/tutinokoya

お申込フォーム:https://goo.gl/forms/cwztZlRINHKrdKm32

 

▼書籍の購入はこちら

家で生まれて家で死ぬ

▼書籍の詳細情報はこちら

新刊情報「家で生まれて家で死ぬ / 三砂ちづる」11月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing