ブログ

『ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+』の目次紹介

4月20日発売予定の『ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+』の目次を紹介します。

  • はじめに
  • 第1章 LGBT+ってなんだろう
  • 第2章 スウェーデンの価値観とLGBT+の関係は?
  • 第3章 スウェーデンのLGBT+の歴史をひもとく
  • 第4章 LGBT+コミュニティとは?
  • 第5章 LGBT+ムーブメントとインターセクショナリティ
  • 第6章 コミュニティのための居場所
  • 第7章 カミングアウトとは?
  • 第8章 LGBT+と家族のかたち
  • 第9章 スウェーデンのLGBT+コミュニティの課題
        〜移民、スポーツ界、ネオナチ、ジェンダー移行
  • 第10章 スウェーデンのLGBT+の未来
  • あとがき

「LGBT+の素顔」と題して、各章の合間に次の方々のインタビューが掲載されています。

  • ホルギャー「ぼくは男性/女性という分け方の外にいる」
  • リカルドとみっつん「ぼくたちは、アメリカでの代理母出産を選んだ」
  • チャーリー「あなたは一人ではないことを、覚えていてほしいんだ」
  • オイゲン「私の世代はいまだに自分を隠し、苦しんでいます」
  • エヴァ「ここで止まって満足しないことも、すごく大事」
  • セバスチャン「みんなが一緒に、小さなステップを踏み出せたら」
  • トーマス「LGBTであることがあたりまえ。それがレンボーゲンの魅力」
  • カーリン「アイデンティティはわたしの事実で、信仰はわたしの選択」
  • オットー「新しいことに向き合う時は、オープンで前向きでいてほしい」
  • レーナ「あなたの子どもは、今までと同じ。今までと同じ人間」
  • イルヴァ「わたしたちはストレートのカップルみたい」
  • エリオット「自信をもてないことはたくさんあるけど、トランスジェンダーというアイデンティティには自信がある」
  • エリク「ぼくはただ、ありのままの自分でいたいだけ」

スウェーデンの若者のほか、家族を築いているゲイやレズビアンのカップル、シニア層、LGBT+の子どもをもつ親、移民のLGBT+などなど……多様性あふれる人々が登場し、様々な視点を語ってくれることも本書の魅力。
発売をどうぞお楽しみに!

【4月20日発売予定】『ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+』ソフィア・ヤンベリ(著)轡田 いずみ (訳)

 

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing