わかな十五歳

  1. 『わかな十五歳』の著書わかなが、核の最終処分場で講演した際の心境を綴りました

    『わかな十五歳』の著者、わかなが7月に核の最終処分場の候補地・寿都で講演しました。その際の心境をFacebookに投稿しており、当社サイトでも紹介させていただきます。【寿都の旅🐟】7月22-24日、寿都(すっつ)に行ってきました。初日、札幌から寿都に向かいました。

    続きを読む
  2. 【わかな十五歳】表紙デザインを公開

    3月11日発売予定、『わかな十五歳 中学生の瞳に映った3・11』のカバー画像ができあがりました。著者のわかなさんは当時、福島県の中学三年生。地震の日は、卒業式でした。あの日から・・・彼女の目には、どんな光景が映っていたのでしょうか。先日、福島県沖で最大震度6強の地震がありました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る