桜 散る日に

「僕は心底平和な時代に生まれたかったと思っております」
学徒出陣した東大生の実話を元にしたテレビドラマ「桜 散る日に」ほか、禅僧と教師の純愛を描いて一大ブームを作った「ピュア・ラブ」の脚本家が遺した代表作を一冊に。奇想天外な人生を綴った「私の脚本人生」などのエッセー、映画「沈まぬ太陽」の監督・若松節朗氏、俳優の篠田三郎氏、元毎日放送プロデューサーの寄稿も収録。

『宮内婦貴子シナリオ作品集 桜 散る日に 出陣学徒の交響楽“第九”歓喜の歌』
著者: 宮内婦貴子
ISBN: 978-4-907364-04-5
判型: 四六上製
ページ数: 480頁
発行年月: 2016/2/16
定価: 1850円+税

注文フォーム

※クレジットカード決済は下記の、
YAHOO!ショッピングまたはamazonをご利用ください。

YAHOO!ショッピングバナー amazonバナー

ページ上部へ戻る