少女のための性の話

  1. 「お産ってどんな経験?」少女のための性の話

    あなたのおなかの中で知らない経験は不安。やったことがないことは心配。初めてやることはどきどきする。誰だってそうだし、なんだってそうです。一度やったあとは、なあんだ、心配するほどのこともなかったな、大丈夫だったな、って思うことは多いのではないかしら。

    続きを読む
  2. 「おかあさんじゃない人」少女のための性の話

    おかあさんのこと好き?あなたはきっとおかあさんのことが大好きですね。おかあさんと仲がいいと思う。なんでもおかあさんに言えて、なんでもおかあさんに相談できて、困ったことはおかあさんに言う。やさしくて、頼りになって、あなたをおだやかに見つめてくれるおかあさん。あなたもそれを心地よく思う。

    続きを読む
  3. 「ひなまつり」少女のための性の話

    みんなで祝うことの意味3月3日は桃の節句。おひなまつりです。女の子の節句ですね。おうちで何段もあるひな壇におひな様を飾る人もあるでしょう。小さなおひな様とお内裏(だいり)様を飾る人もあるでしょうか。幼稚園などにいたときは、折り紙でおひな様を織ったりしたかもしれない。

    続きを読む
  4. 「奇跡のプロセス」少女のための性の話

    受精卵を赤ちゃんにまで育てる何が不思議、といって、女の人が人間をつくることができる、ということほど不思議なことはないように思います。精子と卵子が出会い、受精卵となり、その受精卵が細胞分裂して大きくなって赤ちゃんになります……、という話は理科とか保健の授業で聞いてきたことでしょう。

    続きを読む
  5. 「お股を大切に」少女のための性の話  

    お股ってなに?なんというタイトルでしょうか。だいたい、「お股(また)」ってなに? 日常的に使わない言葉ですよね、あんまり。要するに、股、のことです。女の子の股のこと。女の子の股、って、品のよい言い方が今ないんですよね。

    続きを読む
  6. 「胸のふくらみ」少女のための性の話

    からだの変わり目こどものころは男の子も女の子も、ぱっと見では男か女か、わからないような体型をしていました。もちろん、はだかになると、いうまでもなく、男の子か女の子かわかりますけど、はだかじゃないと、似たようなものなのです。

    続きを読む
  7. 「毎月生まれ変わるということ」少女のための性の話

    生理、どうですか。順調ですか。つらくないですか。なんでこんなに面倒くさいことが毎月あるのかなあ、って思っていませんか。きっと思っていますよね。毎月毎月、今日だっけ、明日だっけ、と考えるのは心配なものだし、毎月、いろんな行事があるたびに、生理のことが気になる。

    続きを読む
ページ上部へ戻る