ブログ

【満員御礼】【イベント】 1/24(木) 紀伊国屋新宿本店 『多様性のレッスン』刊行記念 安積遊歩さん×安積宇宙さんトーク&サイン会

 
 日本社会の未来を語る上で重要となってくるキーワード「多様性」。
 しかし均一性が高いと言われる今までの社会では、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか。
 仲間同士で話を聞き合う「ピアカウンセリング」を日本に紹介した安積遊歩さんは、自分と同じ、骨が弱い身体の特徴をもつ娘の宇宙さんを出産し、育てました。宇宙さんは、現在ニュージーランドの大学生。昨年、ニュージーランドの若者開発省から「共生と多様性賞」を受賞しました。「普通」にあこがれていた宇宙さんは、シェアハウスで育ち、社会的マイノリティの人や海外の人に囲まれて育つ中で、「普通」にしばられないで自由に生きられるようになったと言います。
 今も車いすで世界を飛び回る母娘が、だれもが生きやすい「多様性のある社会」について、語り合います。

 

【日 時】2019年1月24日(木)18:40開場 19:00開演 
【会 場】紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース
【参加料】500円 (現金のみ)
【定員】先着各40名
【申し込み】紀伊国屋新宿本店の予約用電話番号にて受け付けております(詳細は下記リンク先にて記載)
【紀伊国屋本店イベントページ】https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20190104100125.html

安積遊歩さん安積宇宙さん画像

安積 遊歩  (アサカ ユウホ) 

1956年福島県福島市生まれ。生れつき骨が弱い特徴を持つ。22歳で親元から自立。 
1983年から半年間、アメリカのバークレー自立生活センターで研修を受け、ピア・カウンセリングを日本に紹介。 
1996年に40歳で娘を出産。優生思想の撤廃や、子育て、障害を持つ人の自立生活運動など、様々な分野で当事者として発言を続ける。 
著書に『癒しのセクシー・トリップ』『車イスからの宣戦布告』『いのちに贈る超自立論』共著に『障害のある私たちの地域で出産、地域で子育て』他。
安積 宇宙  (アサカ ウミ)   

1996年東京都生まれ。母の体の特徴を受け継ぎ、生まれつき骨が弱く車いすを使って生活している。 
小学校2年生から学校に行かないことを決め、父が運営していたフリースクールに通う。ニュージーランドのオタゴ大学に初めての車イスに乗った正規の留学生として入学し、社会福祉士を専攻中。2018年ニュージーランドの若者省から「多様性と共生賞」を受賞。

【予約受付中】多様性のレッスン 車いすに乗るピアカウンセラー母娘が答える47のQ&A

関連記事

ページ上部へ戻る
mitsui-publishing