遊歩と宇宙の「自分がきらい」から「自分がすき」になる相談室

  1. 第34回 自分をほめることが、早道です

    *質問は前回と同じです 小学校高学年の娘は人見知りで、声が小さく、母親の私にもあまり心を開いていないと感じます。何か聞いても黙られると、初めはやさしく待つことができてもだんだんいらいらしてきて、娘を責めたり、延々と説教してしまいます。

    続きを読む
  2. 第33回 待つ練習をしてみませんか

    小学校高学年の娘は人見知りで、声が小さく、母親の私にもあまり心を開いていないと感じます。何か聞いても黙られると、初めはやさしく待つことができてもだんだんいらいらしてきて、娘を責めたり、延々と説教してしまいます。娘のいいところをほめることに、なぜか抵抗があります。

    続きを読む
  3. 第32回 できる限り対話を続けて

    ヘイトの言葉が普通に流通していてげんなりします。ヘイトスピーカーがアメリカの次期大統領に選ばれ権力を持ったことも、ヘイトスピーチが社会的に容認される、というメッセージが子どもたちへ伝わることにならないか、不安です。

    続きを読む
  4. 第31回 自分の居心地のよさを、いちばんに

    昨年、7年勤めた福祉系のNPOを退職しました。共感できる理念があり、熱い仲間がいる職場でした。ただ仕事にやりがいを感じていただけに、みんなが長時間労働で、有休や残業という概念はなく、そういう主張をすると「主体性のない人」と見なされました。

    続きを読む
  5. 第30回 私のからだがおしえてくれること

    登山をしていて足を滑らせ、脇の下から肩甲骨に激痛が走りました。その後、2週間痛みがとれず、整形外科を受診したら剥離骨折と診断されました。手術すれば早くきちんと治るでしょう、と言われて手術日の予約までしましたが、ふと遊歩さんは手術をしないと言っていたことを思い出しました。

    続きを読む
  6. 第29回 断るほうが、お互いのためになります

    大学へ行くために、アルバイトをしてお金を貯めていました。事情があって別居中の母から、そのお金を貸してほしいと言われ、お母さんもたいへんだろうなと思って8万円貸しました。でも今また、貸してほしいと言われています。断りたい気持ちと、断れない気持ちといろいろあって悩んでいます。

    続きを読む
  7. 第28回 おいしい代替食品はたくさんあります

    *質問は前回と同じです(編集部注)屠殺(とさつ)されるときの動物の苦しみや、世界的な経済格差を知り、肉食に疑問をもちました。でもじつは肉が大好きで、つい食べてしまいます。友だちと外食するのも楽しいし、お弁当をつくるときもお肉は調理が簡単。

    続きを読む
  8. 第27回 いやな気持ちにも耳をすまして

    屠殺(とさつ)されるときの動物の苦しみや、世界的な経済格差を知り、肉食に疑問をもちました。でもじつは肉が大好きで、つい食べてしまいます。友だちと外食するのも楽しいし、お弁当をつくるときもお肉は調理が簡単。ただ食べた後で、いやな気持ちになることもたしかです。

    続きを読む
  9. 第26回 もっと自分らしく、生きていきましょう

    *質問は前回と同じです(編集部注) 相模原事件のあと、車いすを使っている自分のことを、みんなもじつは厄介者と見ているんじゃないか、という疑念がとれなくなりました。外出は好きなほうでしたが、街に出るのもこわくなりました。

    続きを読む
  10. 第25回 こわい気持ちを人に伝えていきましょう

    相模原事件のあと、車いすを使っている自分のことを、みんなもじつは厄介者と見ているんじゃないか、という疑念がとれなくなりました。外出は好きなほうでしたが、街に出るのもこわくなりました。これまでそんなふうに感じたことがなかったので、どうすればよいのかわかりません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る